身体に悪い内臓脂肪、誰もがやりがちなこの方法では脂肪は減らない!

皮下脂肪と内臓脂肪の違い|身体に悪いのはどっち?洋ナシ型とリンゴ型体型 ダイエット

皮下脂肪と内臓脂肪の違いはなに?

見た目が違うだけ?健康に及ぼす影響も違うの?

などと思われる方へ、内臓脂肪の危険性について解説します。

皮下脂肪と内臓脂肪はまったく違います。

皮下脂肪は男性より女性のほうがつきやすく、丸みを帯びた女性らしい身体になり、あまり害はありません。

生活習慣が悪いと内臓脂肪が付き、生活習慣病やさまざまな病気の原因となります。

皮下脂肪と内臓脂肪は違いは何でしょうか。

皮下脂肪とは、皮膚と筋肉の間につく脂肪

皮下脂肪とは、皮膚と筋肉の間につく脂肪
皮下脂肪とは、皮膚と筋肉の間につく脂肪

皮下脂肪は文字通り、皮膚と筋肉の間に付着していく脂肪です。

女性は魅力的な体つきになるため皮下脂肪が多く、男性は逆にごつごつした体つきになる代わり内臓脂肪がつきやすくなっています。

皮下脂肪の役目としては、転んだ時など衝撃に対するクッション、寒い時の体温保持などの役割をしています。

皮膚の下に脂肪があるため、手でつまめ、柔らかいです。

皮下脂肪はたまりにくいですが、一旦ついてしまうと減らないです。

ダイエットをしても先に内臓脂肪から減っていくため、皮下脂肪はなかなか減りません。ダイエットの効果がなかなか目に見えてこないのです。

内臓脂肪とは胃や腸につく脂肪

内臓脂肪とは胃や腸につく脂肪
内臓脂肪とは胃や腸につく脂肪

内臓脂肪は胃や腸のまわりにつく脂肪で、大網脂肪や腸間膜脂肪と呼ばれます。

内臓脂肪は生活習慣病と密接な関係があり、増えると身体に悪いです

内臓脂肪は食べすぎや飲みすぎで増えていきます。

逆に食事制銀をすると、皮下脂肪よりも内臓脂肪から小さくなっていきます。

内臓脂肪のエネルギーはすぐに肝臓に運ばれ消耗しやすいからです。

ダイエットをしてもなかなか脂肪が減らないのは、先に内臓脂肪から減っていくためです。

臓器のまわりに脂肪があるため触れないですが、脂でお腹が張って突っ張っているような感じになります。

内臓脂肪が増えると、サイトカイン※1が乱れ、血圧、血糖値、血管内の脂質のバランスがみだれ、生活習慣病の原因になり、身体に良くありません。

※1サイトカインとは

サイトカイン』 は、細胞から分泌される低分子のタンパク質で生理活性物質の総称。

生理活性蛋白質とも呼ばれ、細胞間相互作用に関与し周囲の細胞に影響を与える。

Wikipedia より引用
スポンサーリンク

内臓脂肪が溜まる理由は不摂生

内臓脂肪が溜まる理由は不摂生
内臓脂肪が溜まる理由は不摂生

内臓脂肪は内臓の表面に脂がつき溜まっていきますが、以下の原因が内臓脂肪を貯まりやすくします。

  • 食べすぎ
  • 飲みすぎ
  • 運動不足

内臓がちょうど焼肉のホルモンのような状態になるのです。

内臓脂肪によるサイトカインの異常で、高血圧、糖尿病、脂質異常になり、静脈硬化を進行させ身体に悪影響を及ぼします

体型で皮下脂肪か内臓脂肪かわかる?

体型で皮下脂肪か内臓脂肪かわかる?
体型で皮下脂肪か内臓脂肪かわかる?

身体の中の脂肪の割合」は体脂肪計で簡単に測れますね。

体脂肪率』は男性の標準の体脂肪率は10%~20%、女性の標準は20%~30%で、それを超えるといわゆる肥満、ということになります。

が、内臓脂肪と皮下脂肪は推測するするしかありません。

内臓脂肪』はお腹(ウェストサイズ)が85センチ以上はいけないと言われます。

が、身長150センチの人と185センチの人を同じモノサシで測る意味が理解できません。身長ごとに基準を変えるべきだと考えます。

よくリンゴ型、洋ナシ形の体型と言われます。脂肪のつく場所によって見た目が違うのでそう呼ばれるのです。

洋ナシ形の体型は皮下脂肪型

洋ナシ形の体型は皮下脂肪型
洋ナシ形の体型は皮下脂肪型

洋ナシ形は皮下脂肪型の体型です

下半身、特にお尻や太ももに脂肪がつくタイプは皮下脂肪型です。

体温調節を担うお尻や太ももにたくさんの脂がついてしまい、洋ナシ形になってしまいます。

リンゴ型の体型は内臓脂肪型

リンゴ型の体型は内臓脂肪型
リンゴ型の体型は内臓脂肪型

リンゴ型は内臓脂肪型の体型です

内臓のまわりに脂肪がへばりついているため、脂肪が多くなると胴回りが膨らんでみえます

腕や太ももには脂がさほどついていないため、リンゴのような体形になります。

スポンサーリンク

皮下脂肪・内臓脂肪の減らし方

皮下脂肪・内臓脂肪の減らし方
皮下脂肪・内臓脂肪の減らし方

皮下脂肪・内臓脂肪の減らすために、次のようなことを行ってください。

  • 適度な食生活(ドカ食いをしない)
  • 適度な間食(ごはんをドカ食いしないため)
  • 適度な運動(有酸素運動)
  • ストレッチ
  • ウェイトトレーニングで筋肉量を増やす(無酸素運動)

そんなのわかっとるわ!時間がなくてできんのじゃ!」といわれそうなので、逆に「あまり脂肪が減らないのになぜか痩せると思われている方法」を書いてみます。

サウナで痩せる?

皮下脂肪・内臓脂肪の減らし方
皮下脂肪・内臓脂肪の減らし方

スーパー銭湯には必ずあるサウナ。

体重を測ると、確かに落ちます。

しかし、サウナは汗を流して体重が減るだけです。

体が水分を求めて結局水分補給するため、体重は元に戻ります

新陳代謝を良くしたい』などという目的であれば良いと考えられますが、痩せるのには効果はありません。

スポンサーリンク

ウォーキングで痩せる?

ウォーキングで痩せる?
ウォーキングで痩せる?

ウォーキングで痩せよう!」「一駅前で降りて歩こう!」とよく言われますが・・・・・・

体重50kgの方が1時間一生懸命歩いても、消費カロリーはたったの158kcalです。

水分補給にポカリスエット1本飲んで飴でも食べたら、あっという間に帳消しです。

下半身を強くしたい』『血行をよくしたい』『リラックスしたい』などの理由では良いと考えられますが、ダイエットには効果が少ないです。

断食で痩せる?

断食で痩せる?
断食で痩せる?

プチ断食といい、2~3日のあいだリンゴだけなど超低カロリーのものを食べてダイエットする方法があります。

確かに2~3日後に体重は落ちますが筋肉量も減り、基礎代謝が減ります

その後、普通の食事に戻した際に、基礎代謝が落ちている分、脂肪がつきやすくなります。

リバウンドする可能性が高いです

デトックスのため』などの目的では良いと考えられますが、リバウンドの悪循環の可能性があり危険です。

スポンサーリンク

まとめ 内臓脂肪、この方法では脂肪は減らない!

脂肪がゼロではいけません。

体温の保持が難しくなるのと、ぶつかった時のクッションがなくなるからです。

皮下脂肪は多少あった方が良いです。

格闘技でいえば、ボクサーは体重制限のためギリギリまで脂肪を落としますが、プロレスラーや空手家に体重制限はないため、身体全体に1センチくらいの脂肪を残しておくそうです。

突きや蹴りやラリアットから筋肉を傷めないようにするためだそうです。

特に女性は適度に皮下脂肪が必要です。女性は女性らしいをつくるため、皮下脂肪は必要です。母乳で赤ちゃんを育てる際も、皮下脂肪が必要となります。

ただ内臓脂肪のほうは成人病などの原因になり身体に悪いため、ないほうがよいです

無理してファッションモデルのような体形を目指さず、女性らしい身体を目指しましょう!

【あわせて読みたい】

カフェテイン★コーヒーでダイエット、プロテインでリバウンドしない体に

メラムキュット★お腹に貼るダイエットパッチの効果と口コミ

【チェック】

茶流痩々★国産プーアル茶の3つの成分が痩せるをサポート|1日1リットルでダイエット

スポンサーリンク