【中年太りの原因】食べ方とお酒のつまみと子供のあまり物

【中年太りの原因】食べ方とお酒のつまみと子供のあまり物 太る

若いころはスマートだったのに、年を重ねるごとにかっぷくが良くなる、というか中年太りになる人が多いですね。

ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオや、キアヌ・リーブスロバート・デニーロビヨンセも一時期激太りしていました。

俳優さんは「役作り」のため、というのもあるのでしょうが、そうでない方もいますね。

こんなことはありませんか?

あるある
  • 若いころはずっとスマートだったのに、年を取ると中年太りになってきた
  • お腹がぺったんこだったのに、年を取るとぽっこり中年太りになってきた
  • ほっそりしていたアゴが、中年太りで二重アゴになってきた

中年太りは多くの人が経験することですね。

これは加齢による基礎代謝、活動代謝の減少と食べる量が関係します。

基礎代謝と活動代謝とは

基礎代謝と活動代謝とは
基礎代謝と活動代謝とは

皆さんご存知の基礎代謝とは、呼吸や心拍、体温を維持するなどで、なにもしなくても使われるエネルギーのことです。(厚生労働省 基礎代謝量)

活動代謝とは、日常生活で家事をしたり歩いて通勤したり、仕事によっては立ち仕事や身体を使うことで使われるエネルギーです。(コトバンク 活動代謝量)

どちらも、年を取ると減少していきます。

基礎代謝 + 活動代謝 < 摂取カロリーになると、太っていくことになります。

そのため、中年太りといわれる現象がおきてしまうのです。

スポンサーリンク

成人が一日に必要なカロリー

成人が一日に必要なカロリーは
成人が一日に必要なカロリーは

農林水産省にて、成人男性・成人女性の一日に必要なカロリーが算出されています。

一日に必要なエネルギー量から、一日に「どれだけ」食べたらよいかの量が決まります。活動量の少ない成人女性の場合は、1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度が目安です。

農林水産省 実践食育ナビ  より引用

成人女性は1,400~2,000キロカロリー成人男性は2,200キロカロリー前後ということですね。

これはもちろん、仕事の内容により変わります。

  • 主婦で家にいる方
  • 看護師や保母さんなど仕事中走り回っている方
  • 主にデスクワークの方
  • 現場で身体を酷使する方

など、職種により、必要なカロリーが変わってきます。

体育会系と文化系の違い

体育会系と文化系の違い
体育会系と文化系の違い

大きく分けて、学生時代にクラブが体育会系だった方と、文化系帰宅部だった人で食べ方や運動量が大きく違いますね。

たくさんご飯を食べるクラブといえば、ラグビー部、サッカー部、野球部、柔道部などがありますね。

ラグビー部だと1日に4,500キロカロリー、サッカー部は3,500キロカロリー必要だと言われています。

一般の人の倍近くのカロリーが必要なので、それだけ食べなければならないのです。

文化系もしくは帰宅部だった方は一般的なカロリーと変わりません。

スポンサーリンク

体育会系が早く太る原因

体育会系が早く太る原因
体育会系が早く太る原因

体育会系の方は太るのが早く、中年太りではなく20代のうちに太ってしまいます。

なぜかというと、いつもどんぶりメシを4杯も5杯もかきこんでいたような人は、胃が大きくなっています。

「ご飯をかきこむ」味も忘れられません。

胃がすぐに小さくなるわけではないので、社会人になって圧倒的に運動量が減っても、大食いの癖は直らないのです

4~5杯のご飯を2杯に抑えたとしても、焼肉をたっぷり食べてカロリーオーバーに。

運動による活動代謝が大きく減っているのに食事がなかなか減らないので、20代で太ってしまうのです。

クラブを止めたのに食事の量をまったく変えない人もいます。

もともと大きい身体にさらに脂肪がつき、若いうちに太ってしまいます。

食べる量を減らそうとは思うものの、仕事のストレスでついドカ食いになる方もいます。

文化系・帰宅部が遅く太る原因

文化系・帰宅部が遅く太る原因
文化系・帰宅部が遅く太る原因

文化系や帰宅部はが太るのは、いわゆる中年太りといわれる30代~40代です。

文化系や帰宅部は、そもそも運動量が少なく食べる量が少ないため、急に太るようなことはありません

しかし年をとってくると、加齢による新陳代謝の減少、あまりにも続く運動不足で少ない筋肉がさらに少なくなり、基礎代謝が減少します。

本人は太るとは思っていないので、食事や間食の量はかわらず。

いつの間にか気がついたら胴回りに脂がついていたり、二重アゴなど中年太りになったりするのです。

スポンサーリンク

お酒のつまみは太る原因

アルコールのせい
アルコールのせい

大人になると晩酌をする方も増えるでしょう。

これは体育会系・文化系関係なく太る原因となります。

主なお酒のカロリーは以下の通りです。

大量飲酒は太る原因

お酒のカロリー
お酒のカロリー
  • 缶ビール 350cc ⇒ 140kcal
  • 缶ビール 500cc ⇒ 200kcal
  • 日本酒 1合(180cc) ⇒ 187kcal
  • 焼酎 ロックなど ⇒ 70kcal
  • チューハイ ⇒ 130kcal

これらの杯数に加え、酒のつまみが高カロリーです。アルコールは体温を上げたりして、エネルギーを早めに消費しやすいのですが、大量飲酒すれば当然太ります。

そして、それに加わるおつまみが太る原因になります。

つまみに唐揚げ、フライ、ポテトばかり食べていると太ることになります

スポンサーリンク

おつまみのカロリーは太る原因

おつまみのカロリー
おつまみのカロリー
  • 一般的な唐揚げ 100g ⇒ 270kcal
  • フライドポテト 100g ⇒ 237kcal
  • ポテトチップス ⇒ 330kcal

アルコールを何杯も飲んで揚げ物をつまみにすると、あっという間に成人の摂取カロリー量を超えてしまいます。

これに普通の晩ご飯が加わるので、太って当たり前ですね。

年をとるにつれて部下ができ、いわゆる中間管理職になり、上司と部下にはさまれストレスが増えていきます。

ついつい酒に頼りがちになり、中年太りの原因になったりします。

子供のあまり物を食べると太る原因に

子供のあまり物を食べる
子供のあまり物を食べる

主婦の人に多いのが「子供のあまり物を食べる」です。

確かにたくさん残されていたら、つい「もったいない」と食べてしまいますね。

これを毎日やると、年を取ると太る原因になります。

そもそもの量を減らせばいいのですが、子供は「勝手におやつを食べてお腹が空いていないとき」がありますね。

ちょっともったいないですが、太ることは生活習慣病など健康面のリスクが多いのです。

食事の前のおやつを食べさせない」「全体的につくる量を減らす」などで対応しましょう。

スポンサーリンク

仕事のストレスで夜食、間食が多いと太る原因に

仕事のストレスで夜食、間食が多い
仕事のストレスで夜食、間食が多い

ストレスが多いと間食で発散したりしますね。

ストレス時は甘い物が欲しくなります。

チョコレートやケーキなどは精神的ストレスが満たされますが、毎日は高カロリーです。

ケーキはたまにの「がんばってるご褒美」にしましょう

70%カカオのチョコレートですと甘味が少なく、カカオポリフェノールが摂れて健康的です。

こんにゃくゼリーなど、低糖でお腹が膨れるものもいいですよ。

夜食べると太るはこの記事に書いています。

夜中に食べると太る理由。寝る前に食べても太らない5つの方法

ストレスを酒に逃げると癖になるので注意

ストレスを酒に逃げる
ストレスを酒に逃げる

酒はさきほども挙げたように、そもそもカロリーです。

日本酒・チューハイ・カクテルは甘いためカロリーが多いです。

焼酎の梅干し割りウィスキーの水割りに、スルメやビーフジャーキーだとカロリーがずいぶん抑えられます。

お酒が怖い理由としては

  1. 眠りが浅くなる
  2. 毎日飲む癖がつく
  3. 精神的に依存してしまう

という事実があるからです。

スポンサーリンク

1.眠りが浅くなる

お酒で眠りが浅くなるのは有名ですが、夜中に何回も目が覚めたり、トイレにいったりしてします。

完全に熟睡できず、翌日に疲れが残りやすくなります。

仕事が十分にできずストレスがたまり、また次の日も飲んでしまうという悪循環になりがちです。

2.毎日飲む癖がつく

晩酌する人は毎日飲む、しない人はめったにのまない、というように、晩酌の癖がついたら止められなくなります。

365日毎晩飲む、そんな状態になります(筆者)

3.精神的に依存してしまう

アルコール依存症
アルコール依存症

お酒に依存して、最終的には「アルコール依存症」という、アルコールの薬物依存に陥る可能性があります(筆者)

【筆者のアルコール依存症闘病記】 マロの断酒体験談

飲まなくて良い日は、なるべく飲まないように過ごす方が良いです。

他に、酒代が家飲みだけで年間20万円ほどかかったりします。

スポンサーリンク

中年太りの原因・食べ方とお酒のつまみと子供のあまり物

基礎代謝 + 活動代謝 < 摂取カロリーになると太りますが、体育会系の人は運動しなくなっても食べるため、若いうちに太ってしまいます。

文化系の人は40~50代と年を取ると筋肉量が減り、基礎代謝ががくっと下がるため、後から太ってきます。

また「もったいない」と子供のあまり物を食べてしまう主婦も太りやすいです。

どちらにしても、日ごろの運動、とくに有酸素運動を定期的に続けることが大事です。

スポンサーリンク