飴は太る?太らない?ダイエット中の飴のメリット・デメリット

飴は太る?太らない?ダイエット中の飴のメリット・デメリット スイーツやお菓子にまつわる話

飴とは、砂糖や水あめを溶かして固めた甘いお菓子です。キャンディーとも言います。当たり前か。

仕事中に、よく飴を舐めていました。エンジニアだったので脳にブドウ糖を送るためと、口臭がなくなるためです。

しかし、飴を舐めながら仕事をするのが癖になり、朝、袋を開けて、夕方にはなくなるほどの量を食べていました。

こんな食べ方をして太らないのでしょうか?

ダイエット中に飴を食べることのメリット・デメリットは何があるのでしょうか?

飴は太る?太らない?飴を舐めるメリット

飴を舐めるメリット
飴を舐めるメリット フリーフォト写真ACより引用

飴はほとんどが糖質でできています。そのため疲れた時に食べると、脳にブドウ糖を供給することになり、元気がでます

空腹を満たすのに飴を少量舐めるだけであれば、ケーキ(370kcal)やポテトチップス(1袋 332kcal)を食べるのに比べれば圧倒的にカロリーが少なく済みます。

飴は「少量」であれば低カロリーでダイエットに


間食をケーキやチョコレートなどのかわりに飴1粒、2粒にすると、大幅なカロリー減になります。

また、食事の前に飴を食べることで空腹感が減り食事の量を少なくすることができます。そして少量であれば、太らないです。

ビタミンやミネラルが入っている飴で、足りない栄養素を補充することができます。

スポンサーリンク

飴を舐めるデメリット

飴を舐めるデメリット
飴を舐めるデメリット フリー素材ぱくたそより引用

砂糖でできた普通の飴1粒は、15~20kcalあります。1日に10個食べれば200kcalと、ご飯おかわりしたに近いカロリーを摂取してしまいます。

ノンシュガー、シュガーレスはまったく砂糖を使ってないわけではなく、砂糖を減らす代わりに還元水あめや人工甘味料が使用されています。

そのため、ゼロカロリーというわけではなく、1粒8~15kcalほどのカロリーがあります。筆者のように一袋などたくさん食べてはいけないようです。

シュガーレスの飴は太る?太らない?

シュガーレスの飴でも太る
シュガーレスの飴でも太る
Amazon.co.jpより引用

シュガーレスもしくはノンシュガーの飴は「カロリーは少なくても、人工甘味料が多い」ため舌が「甘いものを食べた」と感じます。

脳のほうはシュガーレスで血糖値が上がってない(空腹状態)にもかかわらず「甘い物を食べた」と勘違いし、すい臓からインシュリンを大量に分泌します。

このようにも言及されています。

人工甘味料の恐ろしさは、砂糖を摂取したとき以上のインシュリンを脳から分泌される事です。インシュリンは糖を細胞内にため込むため結果的に太る体質になってしまいます。インシュリンは太る要因であるため、ダイエットの大敵です。

グルメノート  より引用

そのため大量に分泌されたインシュリンがブドウ糖を細胞内にため込み、中性脂肪に変わり太る体質になります。

また、ノンシュガーの飴の場合、インシュリンの働きにより血糖値が下がりすぎ、血糖値が下がると空腹感を感じるようになります。

インシュリンで糖を溜め込みやすくなり、さらに空腹感があるため我慢できずにスナック菓子などを食べてしまうと太る原因になります。そのままノンシュガー飴だけで我慢しておくと、摂取カロリーそのものは少ないため太らないことになります。

スポンサーリンク

飴を食べることによる血糖値への影響

飴を食べることによる血糖値への影響
飴を食べることによる血糖値への影響 フリーフォト写真ACより引用

一粒あたりの糖質は少ないですから、飴だけを少量食べる分には血糖値にあまり影響しません。

しかしノンシュガーについてはこのようにも言及されています。

「たとえ砂糖が含まれていなくても、食品や飲料そのものには炭水化物や脂質、たんぱく質が含まれており、摂取すれば血糖値に影響する。また、カロリーもあるので体重にも影響を及ぼすことに気を配る必要がある」

糖尿病ネットワーク  低カロリー甘味料は血糖値に影響しない ただし食べ過ぎには注意  より引用

少量では血糖値が上がらなくても、大量に食べると血糖値が上がりカロリーオーバーになり太ります。

そもそも飴は基本的に砂糖のかたまりなので、大量に食べると血糖値が上がり、必要以上の血糖は中性脂肪に代わり太ってしまいます

飴の種類にはどんなものがある?

なにげに飴、といってますが、いろいろな種類がありますね。大きく分けて固いハード系と柔らかいソフト系、昔からあるものから新製品まで。

ハード系の飴

ハード系の飴は昔から日本に伝えられてきたものがあります。

黒砂糖を使用した黒糖飴

黒糖飴
出典:Amazon.co.jpより引用
松屋製菓 生沖縄黒飴

黒砂糖なので沖縄など南のほうでよく作られています。黒砂糖の甘味が強く、
一つで満足できます。

●平たいべっこう飴

べっこう飴
出典:ぱくぱく献立くん より引用

昔からの飴です。砂糖を熱して冷やすだけ。家庭でも作れます。

●薬用トローチ

薬用トローチ
出典:exciteニュース より引用

風邪で喉が痛む時に病院から出たり、ドラッグストアなどで売られている錠剤です。

あんず飴

あんず飴
フリー素材ぱくたそより引用

お祭りの夜店でよく売ってましたね。

ドロップ

ドロップ
フリーフォト足成より引用

小さな缶に入ってました。いろんな味があって楽しかったですね。ミント味だけ避けられてミントばかり残ってました。


スポンサーリンク

最近はサプリ並みにビタミンなどが摂れる飴が多くなってきました

野菜不足を感じる方は飴でビタミンやミネラルを補給できます。

VC3000のど飴

VC3000のど飴
出典:ノーベル製菓 より引用

ビタミンCがたっぷり摂れます。筆者もビタミンCのサプリ代わりによく舐めてます。ビタミンCを大量摂取しているせいか、10歳くらい若く見られます。

扇雀飴 1日の不足分
 鉄分&ビタミンキャンデー

1日の不足分 鉄分&ビタミンキャンデー
出典:扇雀飴 1日の不足分
鉄分&ビタミンキャンデー
Amazon.co.jpより引用

鉄分とビタミンA、B、Cを補ってくれます。3種類の果物の味が楽しめてお得です。

ソフト系の飴

●水あめ

水あめ
フリーフォト写真ACより引用

昔は駄菓子屋で20円で買って、遠足に持って行ったりしていました。最近はお菓子の材料として売ってます。

キャラメル

キャラメル
出典:森永ミルクキャラメルHP

練乳・バターを練り込んだものです。道頓堀で有名なグリコのキャラメルは実際に300メートル走れるカロリーがあったようです。ということはダイエットには不向きですね。

●グミ

グミ
フリー素材ぱくたそより引用

柔らかいのと固いのがありますが、食感がいいのですぐなくなっちゃいますね。日本製のは柔らかく、外国製のは固いのが多いです。

●ビーンズ

ビーンズ
フリー素材ぱくたそより引用

固いゼリーを糖衣したような、昔からあるお菓子です。昔、アメリカのレーガン大統領がビーンズばかり食べていて、国賓にも勧めているニュースが流れていました。

ハイチュウ

ハイチュウ
出典:森永生ハイチュウ より引用

お子様に大人気のソフトキャンディー・ハイチュウですが、大人向けのハイチュウプレミアムも出てましたね。

ぷっちょ

ぷっちょ
出典:UHA味覚糖ぷっちょワールド より引用

ハイチュウと似てますが、つぶつぶのグミが入っていて、噛み応えアリです。

スポンサーリンク

いろんな効果があるおすすめの飴

●コーヒー飴

コーヒー飴
出典:カンロ 
Amazon.co.jpより引用

脳がカフェインにより興奮、覚醒し、活発に動けるようになれます。コーヒーを飲んだ気分になるため、砂糖やミルクを入れたカロリーのあるコーヒーの代わりになります。

ミント系の飴

ミント飴
出典:ロマンス製菓 より引用

口臭を防ぐ効果があります。デートの前は必須です。

塩飴

塩飴
出典:Amazon.co.jp

夏の汗で失われた塩分を補ってくれます。熱中症対策になります。

VC3000のど飴

VC3000のど飴
出典:ノーベル製菓 より引用

ビタミンCが大量に含まれています。抗酸化作用があるため、 がんや動脈硬化の予防に、また美容にオススメです。

スポンサーリンク

血糖値が気になる方へ、ノンシュガーのオススメの飴

ノンシュガー、シュガーレスの飴は砂糖でなく還元水あめ、甘味料などが使われているため太りにくいですが、 カロリーゼロではありません。 砂糖の飴の40~50%程度のカロリーです。

これらの飴はノンシュガー、シュガーレスです

VC3000のど飴

VC3000のど飴
出典:ノーベル製菓 より引用

さきほどご紹介したVC3000のど飴。ビタミンCが大量に含まれています。ノンシュガーで1粒8.5kcal

ノンシュガー果実のど飴

ノンシュガー-果実のど飴
出典:カンロ製菓 より引用

いろんな果物味が楽しめます。ビタミンCも含まれています。1粒9.3kcal

小梅小玉

小梅小玉
出典:ロッテHPより引用

そのまんま梅味です。梅の味がけっこう強烈です。1粒10kcal

キシリクリスタルのど飴

キシリクリスタル
出典:春日井製菓 より引用

キシリトールが虫歯になるのを防いでくれます。ミント系の味にほのかにミルクが混じって美味しいです。

以上がオススメの飴でしたが、お好みのものはありましたか?

スポンサーリンク

【あわせて読みたい】

まとめ

ノンシュガーの飴を少量であれば、空腹を満たし、カロリーが高い間食の代わりになるため、太らないです。

一袋など大量に食べると、もちろん太ります

また、インシュリンが分泌されるため血糖値が下がり、食べた後、空腹感を感じる人がいるかもしれません。 ここで別のお菓子を食べると太ってしまいます

ノンシュガーの飴は、1粒のカロリーは少ないですが「飴1粒くらい」と軽視してしまい、トータルの個数が多くなってはよくありません。適度に食べるようにしましょう。

【参考記事】