女性が甘いものが好きなわけ、男性がそうでもないわけ

女性が甘いものが好きなわけ、男性がそうでもないわけ スイーツ

菓子などはほとんど食べないという男性が多いですね。

しかし、女性となると甘い物が大好きなようです。

  • いつの間にかデザートを注文していたり

  • 3時のティータイムに甘い物を用意していたり

  • ショッピングにいくと必ずソフトクリームを食べたり

  • メシを腹いっぱい食べたハズなのに、ケーキをまた食べる

女性は男性に比べずいぶん甘いものが好きなようですが、これはどうしてなのでしょうか?

男女で何が違うのでしょうか。

女性が甘いものが好きなわけ

女性が甘いものが好きなわけ
女性が甘いものが好きなわけ

実は、女性が甘いものが好きなわけは女性の本能にあります。

女性が甘いものを食べたくなるのはこのような理由があるからなのです

  1. 血糖値の関係
  2. おしゃべりなどのエネルギーを補うため
  3. 皮下脂肪を蓄え、女性らしい身体をつくるため
  4. 赤ちゃんを育てるため

1.血糖値の関係

まず、女性は男性に比べ、血糖値が下がりやすいのです。

なぜかというと、人間が食事をしない時に肝臓が血糖値を上げようとする働きは男性より女性のほうが低く、女性のほうが血糖値が下がりやすいです。

健康雑誌サライ」のサイトでも次のように述べられています。

ヒトが食事をしない時、血糖値の変化に男女差があるかを比べました。

肝臓での血糖値を上げようとする能力は、男性に比べて女性のほうがはるかに低く、男性の血糖値の低下よりも女性の血糖値の低下がはるかに大きいことが明らかとなりました。

サライ.jp より引用

血糖値は血液中のブドウ糖の濃度のことで、脳や身体の活動に大きな影響を与えます。血糖値が上がらないと人間は働けません

血糖値を上げる能力が低い女性は、本能で甘いものを食べるようになっているのです。

ダイエット中は炭水化物や糖質を減らしたりしているため、そもそも血糖値が低い状態

血糖値を上げるために、女性は甘いものが欲しくなるのです。

スポンサーリンク

2.おしゃべりなどのエネルギーを補うため

甘いものを食べたい女性はおしゃべり
甘いものを食べたい女性はおしゃべり

女性はおしゃべり好きですが、おしゃべり中は脳をフルに働かせて考えていることなので、しゃべっているだけで大量のブドウ糖を消費していきます。

身体のブドウ糖を30%も消費してしまう脳のエネルギーが足りなくなってしまいます。

また、身体を動かすためのエネルギーも不足してしまいます。ダイエット中はなおさら身体のエネルギーが無い状態です。

なので、おしゃべり好きな女性は本能的にエネルギーの元である糖分、甘いものが欲しくなり食べたいと思うのです。

3.皮下脂肪を蓄え、女性らしい身体をつくるため

女性が甘いものを食べたい訳と皮下脂肪の関係
女性が甘いものを食べたい訳と皮下脂肪の関係

男性は、女性の胸や腰・お尻のあたりの曲線を帯びた身体に魅力を感じます。

筋骨隆々や、骨ばった身体に魅力を感じる男性は少ないです。

ところで、甘いものの多くは高カロリーで炭水化物が多いですね。それらは皮下脂肪に蓄えられます。

女性らしい曲線を帯びた身体を作るのに、どうしても皮下脂肪が必要です。 本能で女性らしい身体を作り、そしてパートナーを求めるために甘いものを欲しがるのです。

スポンサーリンク

4.赤ちゃんを育てるため

また、太古の昔から、女性は赤ちゃんを育てていかなければならないという本能があります。

いざ飢餓、つまり食料がなくなるような状況に直面しても、皮下脂肪があればしばらくの間は授乳できます。

男性より長生きできる

また皮下脂肪をエネルギーに代えることにより、皮下脂肪のない男性より長く生存できます。そしてギリギリの状態まで子供を守り、育てることができるのです。

つまり、女性が甘いものを好きなのは本能なのです。

ケーキの実験

女性が甘いものをが好きなのは本能
女性が甘いものをが好きなのは本能

ある実験では、大学生の男性女性それぞれ10人づつに分けて「ケーキ食べ放題」の店に連れていったところ。

男性は平均2個しか食べなかったのに対し、 女性は平均6個食べたとのことです。

甘いものは別腹なのでしょうね。

スポンサーリンク

女性だけでなく子供も甘いものが食べたい!

女性だけでなく子供も甘いものが食べたい
女性だけでなく子供も甘いものが食べたい

子供には3時のおやつが必要です。

子供たちは、日々脳をフルに使って様々なことを学習していきます。さらに、小さい身体で全身を使って遊ぶため、すぐに身体のブドウ糖が不足します。

よって、3時のおやつでブドウ糖を補ってあげないといけません。

子供も甘いものを食べたいと思うし、子供の身体にとって3時のおやつは、必要なのです

甘いものには依存性がある

甘いものには中毒性がある
甘いものには中毒性がある

ただ、甘い物には依存性があるため要注意です。

酒を止めると、甘いものを無性に食べたくなります。筆者はアルコール依存症で酒を止めてからというもの無性に甘い物が欲しくなり食べているため、これは本当です。

これは、アルコールなどに依存性がある物と甘いものを摂った時の脳の報酬系の働きが似ているため、アルコールの代わりに甘いものを食べてごまかしているのです。

普段から甘いものを定期的に食べていると、同じような現象が起こります。

脳科学の専門家、諏訪東京理科大学教授の篠原菊紀先生によると、甘いものがやめられない理由は「脳に強い快感をもたらすため」なんだとか。

快感という刺激は脳にとって強烈です。そのため甘いものは依存性が高く、再び同じ感覚を味わいたい脳が、必要のない糖分を頻繁に求めるようになってしまうのです。

CANCAN.jp 欲しくなっちゃうの…。甘いものがやめられない科学的理由と、量を抑える方法  より引用

甘いものはやめられなくなるのです

スポンサーリンク

男性がそれほど甘いものを食べたいと思わないわけ

男性は甘いものを食べたいと思わない
男性は甘いものを食べたいと思わない

基本的に、男性は女性ほど甘いものを食べたいとおもいません。

それはなぜでしょうか?

男性はひとつのことしかできない

男性は必要以上のブドウ糖を必要としません。

男性の場合、女性と比較するとそれほどおしゃべりをしませんし、喋らずにひとつのことに没頭するタイプが多いため、ある程度のブドウ糖は必要とします。

しかし、女性のようにおしゃべりや家事やテレビやと、複数のことをいっぺんにこなすのは苦手です。

そのため必要以上のブドウ糖を必要としないのです。

男性は太古から、闘いに勝つ必要があった

男性はそもそも余ったブドウ糖から作られる脂肪を必要としません。

男性は太古から、狩りに出て、闘いに勝つ必要がありました。そのため、動作が遅くなる脂肪は不必要なのです。

また男性は筋骨隆々で脂肪の少ない身体をつくりパートナーを求めようするため、必要以上のブドウ糖や脂肪を必要としません。

赤ちゃんに授乳する必要もないため、女性ほど皮下脂肪を必要としません。

よって、本能的に女性に比べると甘いものを求めない、甘いものを食べたいと思わないのです。

スポンサーリンク

女性が甘いものが好きなわけ まとめ

このように、女性は甘いものが必要、子供も甘いものが必要、男性は甘いものがそれほど必要ではない、と本能に組み込まれています。

そのため女性は甘いものが大好きだけど男性はそうでもない、といった嗜好になるのです。

【あわせてよみたい】

お菓子のメリット★太らないお菓子の食べ方は?

ザ糖質プレミアムダイエットの痩せる成分と理由

【チェック】

ルイボスティーの効果効能|生活習慣病の予防・改善におすすめ

スポンサーリンク