パン屋でバイトすると太る!?元パン屋の私が痩せたワケ

こんにちは。

突然ですが、みなさんは「クロワッサン」って日本語に訳すとどんな意味になるか知っていますか?

私は以前パン屋さんでバイトをしていた経験があるのですが、お客さんに突然「クロワッサンってどういう意味なの?」と訊かれて、かなり困ったことがあります。

パン屋で働いている人でも、意外と知らない人はいるのでは?

気になる答えは、あとで発表しますので予想してみてくださいね!

 

ところで、今回の記事は、パン屋で働く人にありがちな「パン屋で働いているとなぜか太る…」という悩みと、その解消法についてお伝えしていきたいと思います。
(もちろん、パン屋で働いていなくても、「パンは好きだけど太るのはイヤ!」という方にはきっと役に立つ情報をお伝えしていきますのでパン好きは必見ですよ!)

なぜパン屋でバイトすると太るの?

まず、パン屋さんで働いていると太ってしまう原因ですが、みなさんもお気付きのように、その一番の原因は、「(パン屋で働いていると)どうしてもパンを食べる機会が多くなってしまう」ことにあります。

廃棄になったパンを持ち帰って家で食べたり、お昼や夕飯に自分のお店でパンを買って食べたり、焼きたてをつい自分で買ってしまって食べたり…パンを口にする機会をあげればキリがありません。

私の場合、自分が好きなパンが廃棄になると、ほぼ確実に持ち帰っては夜中にバクバクと食べていました。

そして気づいたら体重がえらいことに…。

「夜中に食べる」というのも太る原因の一つになりますので、普段夜中に食べてしまうことがある…という方はぜひ注意しておいてください。

しかし、やはり一番の原因は、「パンそのもの」にあります。

パンは、以前ご紹介した記事でも述べたように、「カロリー」「糖質」「脂質」「グルテン」太る要素のオンパレードで出来ています。

つまり、パンを食べる機会が多くなればなるほど、それだけ太る要素を自分のカラダに与えてしまっていることになるわけです。

パン屋さんには甘くて美味しい魅力的なパンがズラリと並んでいますが、多くは砂糖やバターがたっぷりと使われたものが大多数です。

メロンパンや砂糖をまぶしたパンであったり、チョコレートでコーティングされたパンなど、菓子パン類も豊富に取り揃えていることでしょう。

こうした太る要素の宝庫ともいえるパンですが、恐ろしいことに、このパンの原料である小麦には、ある種の麻薬のような「依存性」があると言われています。

つまり、次から次へと食べたくなってしまう恐ろしい性質がパンにはあるということ。

通常、同じものばかり食べていると、段々飽きてきて、ついには「見るのもイヤなほど食べたくなくなってしまう」というのがありがちなパターンなのですが、私の場合はパンは毎日食べても全然平気でした(笑)

もしも、飽きもせずに頻繁にパンを食べている(食べられる)という人は、こうしたパンの持つ「依存性」にかかりやすい人、もしくはもう既にかかっている人なのかもしれません。

パンを食べて、すでに体重に変化が…という方は要注意です。

ではそんな私がどうやって、この「パン地獄」から抜け出したのか、方法を以下でお伝えしていきたいと思います。

パン屋で働いていた私が痩せたワケ

手順①自分の店でパンを食べる回数を減らした

まずはコレです。

今までは何も気にせずに自分の店でパンを買って食べたり、廃棄パンを遠慮なく持ち帰って食べたりしていましたが、その回数を徹底的に減らしました。

仮に、1週間でパンを食べる回数が4回あったとしたら、それをまずは1回にする、といったイメージです。

手順②「太らないパン」に乗り換え

次に行ったのが、いわゆる糖質制限です。

わたしは、パンが大好きだったので、完全に絶つことは厳しく、代わりに「太らないパン」で人気のある『低糖質パン』を食べるようにしました。

結果的に、自分の場合はこの食事の変化が一番効果がありました。

最近は、パンや惣菜をはじめ美味しい低糖質食品がありがたいことにとても増えてきました。

味はそこまで変わらないのに、糖質量が全く違うわけですから、当然続ければ続けるほど結果となって表れてくるわけです。

これが嬉しくて、すっかり低糖質にハマりました。

ダイエットに興味のある方なら、せっかくですからコレを利用しない手はありません。

やはり、食事は毎日するものなので、ほんの少しの心がけでも後々かなり大きな結果として表れてきます。

手順③追い打ちをかけるように「カロリミット」!

最後に、日本で一番有名といってもいい脂肪代謝サプリの「カロリミット」を1日1回飲む習慣をクセ付けました。

今まで、こうしたサプリを飲んだことがなかったので少し不安でしたが、とりあえず人気が高く知名度もあり、なおかつ脂肪や糖の吸収を抑えてくれるということで、ファンケルの「カロリミット」を選んで飲むようにしました。

これで自分の場合は少しずつですが体重に良い変化があったので、今思えばこの選択は大正解でした。

↓今なら特別価格でお試しができるので気になる方は公式サイトへ↓

最後に

自分の場合、これによって体重が少しずつ減っていき、最終的には自分の目標としていた体重も難なくクリアできたのですが、これに加えて適度な運動もするようにしていれば、おそらくもっと早く効果が実感できたと思います。

これから、痩せたいと思っているかたは、上記のやり方に加えて、適度な運動も取り入れてみることをオススメします。

そのためにも、まずは「低糖質」を意識した食生活脂肪・糖の吸収を抑えるサプリなど試してみてはいかがでしょうか。

 

補足

ちなみに、「クロワッサン」は、日本語で「三日月」という意味らしいです。
聞いてみれば、「なんだ、そんな意味か」といった感じですね!
パン屋さんで働いている方なら、同僚の方にも知っているかぜひ訊いてみては?^ ^