なぜパンは太る?「ダイエットにオススメのパン」はコレ!!

一般的に、パンはダイエットに適さない食品だと言われています。

パンを手当たり次第に食べていたら、気づけば体重が…という方も非常に多いはず。

私自身、大学時代はパン屋で働いていたこともあったため、売れ残ったパンをつい食べ過ぎては太ってしまった…という経験もあります(笑)

そこで今回、「なぜパンは太りやすいと言われるのか?」、「食べても太りにくいパンはないのか?」、「どうしてもパンを食べたい人はどうすればいいの?」といった悩みについて詳しくお答えしていきたいと思います。

なぜ、パンは太りやすいのか?

ここでは、パンが太りやすいと言われる理由を簡単に説明していきたいと思います。

理由①カロリー

一つ目の理由は、カロリーについてです。
例えば、日本人に一番なじみ深い食パンについて見ていくと、食パン100gあたりのエネルギーは264kcalとなっています。これは、白米(100gあたり168kcal)と比べただけでも大きな違いがあることがわかると思います。
これが、食パンではなく菓子パンや惣菜パンとなってくると、砂糖やバターが含まれるようになるので、カロリーが倍増していきます。

例えば、代表的なパンとそれに付随するカロリーの量を調べて集めてみると以下のようになりました。

メロンパン(1個あたり):約430kcal
あんパン(1個あたり):約310kcal
焼きそばパン(1個あたり):約330kcal
カレーパン(1個あたり):約350kcal
クロワッサン(1個あたり):約230kcal
アップルパイ(1個あたり):約300kcal
ホットドッグ(1個あたり):約400kcal

およそどのパンも1個あたり300kcalを超えてくるものが多いことがわかります。
上に挙げた数値はあくまで目安ですので、詳しい数値は実際に市販されている商品を見て頂ければいいかと思いますが、コンビニに売られているような市販のパンは食材の中に製品の都合上様々なものが入っているため、上にある数値よりも大体大きくなる場合が多いことは補足しておきます。

理由②糖質の高さ

二つ目の理由は、「糖質」についてです。
糖質は、「糖質量=炭水化物量−食物繊維」という計算で求められますが、パンに含まれる糖質はご飯に含まれる糖質よりも高く、それによってパンはご飯に比べて血糖値を上げやすいという性質を持っています。血糖値が大きく変化すると、お腹が空きやすくなります。
また、パンを食べ過ぎて糖質を摂り過ぎてしまうと、本来消化されるはずの分の糖質が消化しきれず、余分な量が体内に蓄積されてしまうため、太る原因となってしまいます。
ダイエットをしている人が、なるべく低糖質なものを食べるように心がける理由はこういった点にあるわけです。

理由③脂質の高さ

意外とみなさん軽視しがちなのですが、この「脂質」もまた気をつけたいポイント。
脂質のカロリーは、他のエネルギーと比べても遥かに高く、ダイエットをするならぜひとも控えたい存在です。

理由④グルテン

パン特有のもちもちとした食感。これは小麦粉に含まれるグルテンという成分によって生み出されるのですが、このグルテンは食欲を増加させてしまう働きがあると言われています。
そのため、このグルテンを極力摂取しないようにする「グルテンフリーダイエット」と呼ばれるダイエット法が海外スターや世界的なモデルの間で流行っています。
グルテンフリーダイエットには、「痩せる」という目的だけでなく、人によっては「お肌がしっとりする」といった効果や、「体がすっきりする・軽くなる」といった様々な効果が期待できるため、最近になって大きな注目を集めるようになりました。

↪︎「グルテンフリー」について気になる方はコチラの記事へ

 

「食べても太りにくいパン」とは!?

ここでは、ダイエットにオススメのパンをランキング形式でご紹介していきます!

オススメの太りにくいパン第③位:フランスパンのような食感が固めのパン

フランスパンなどの食感が固いパンは、素材もシンプルで、砂糖やバターのようにカロリーに大きく影響するものもほとんど含まれていないため、ダイエットにはうってつけのパンとなります。
また、食感が固いと噛む回数も多くなるため、それだけ満腹感も得やすくなります。
まさにダイエット向けのパンの代表格と言えるでしょう。

 

オススメの太りにくいパン第②位:手作りパン

続いて第2位は、「自分で手作りしたパン」です。
手作りの良いところは、砂糖を減らしたり、バターを入れないで作ったりと、自由に調整ができるところ。
市販のパンというのは、どうしても砂糖やバターといった添加物が大量に使われているため、脂肪になりやすい=太りやすいようにできてしまっているのが欠点です。
ところが手作りすることで、パンに加える素材はすべてイチからチョイスでき、ダイエット向けの自分好みなパンも作れるようになります。
色々なパンを手作りする中で、ヘルシーなのに美味しいパンを見つけるのもとても楽しいでしょう。
これを機にパン作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?
「趣味はパン作り・お菓子作り」というのもかなり女子力的に魅力です。

パン作りに必要な材料や器具を揃えるなら、このサイトが断トツでオススメです。
パン作りの材料・器具専門店「TOMIZ」

 

オススメの太りにくいパン第①位:糖質カット(低糖質)のパン

1位はコレに尽きるでしょう。
味にもこだわり、その上でダイエットに良いパンを求めるならば、やはりその道のプロが作ったものを買うのが一番手っ取り早くオススメです。
市販のパンには、ダイエットに大敵となる成分が容赦なく含まれていますが、最初から「低糖質」や「糖質オフ」といったダイエット向けのパンを選べばそれは立派なダイエットになります。
最近は糖質カットのパンでも、普通のパンと区別がつかないほどクオリティの高いものが増えてきているので、ダイエット側には非常にありがたい限りです。
「糖質カット」は、パン好きの方であればぜひとも活用したいポイントですね!

糖質カットのパンに興味がある方はコチラ!
業界最大級の低糖質パン販売店【低糖工房】