スイーツダイエットは「時間帯」が大事!?朝?夜?それとも…

甘いものを食べながら痩せられることで人気の高い「スイーツダイエット」。

今回は、そのスイーツダイエットをする上でカギとなる「時間帯」について解説していきたいと思います。

スイーツを食べるならいつ!?気になる時間帯について

スイーツを食べるうえで、「太りやすい時間帯」、「太りにくい時間帯」というのはあるのでしょうか?
スイーツダイエットに興味のある方ならぜひとも知っておきたいところです。
このスイーツダイエットに適した時間を知るうえで欠かせないのが、「ビーマルワン(BMAL1)」と呼ばれるたんぱく質の存在です。
ビーマルワンは、体内時計としての役割を持った「時計遺伝子」的な働きがあると言われており、このビーマルワンには脂肪を体内に溜める働きも持っています。
そして、このビーマルワンが減少する昼間に食事をすると太りにくく、ビーマルワンが増加する夜に食事をすると太りやすいと言われています。

参照:https://forbody.wordpress.com/

これはビーマルワンが1日の中で活性化する時間帯と落ち着く時間を表したものです。
このグラフから言えることは、昼間であるPM2:00前後はビーマルワンが最も落ち着き(=太りにくく)、逆にPM10:00~AM2:00の深夜帯は最もビーマルワンが活性化する(=太りやすい)と言えます。

したがって、スイーツダイエットを実践するときは、時間対に関して以下のことを守るようにしましょう。

①「午後4時以降」はスイーツを控える!

ビーマルワンが活性化し始めるのが午後4時以降です。したがって、その時間帯にスイーツを食べるのは避けたいところ。特に、PM10:00~AM2:00の深夜帯はビーマルワンが最も活性化してしまうので、スイーツはもちろん、できれば食事も控えた方がよいでしょう。

②ベストな時間帯は「PM2:00」付近!

では、最適な時間帯はいつかというと、上のグラフで言えば、ビーマルワンが最も落ち着くPM2:00付近です。どうしても食事の量は多めにとりたい!という人や、スイーツを食べたい!という人は、この時間帯付近で食べるのが、一番太りにくいと言えるでしょう。

 

「食後のスイーツ」はアリ?ナシ?

それでは、スイーツダイエットをする上で、「食後にスイーツを食べる」というのはアリなのか?

理想を言うと、スイーツダイエットに本気で取り組みたいのであれば、スイーツは置き換えとして利用するのがベストです。

どうしても食事と一緒にスイーツを楽しみたいのであれば、夕食の30分ほど前、つまり、「食後」ではなく「食前」に食べるというのがオススメです。

なぜかというと、夕食前にスイーツを食べておくことで、夕食時に満腹感を得た状態から食事が始められるから。

満腹感を得た状態から食事を始めることで、夕食での食べ過ぎを防ぐことができます。

もちろん、できることならスイーツは「置き換え」として利用できればそれに越したことはないので、本気で痩せたいという人は、置き換えダイエットに挑戦してみましょう。

ご参考までに置き換えダイエットに最適なスイーツをご紹介しておきます。

置き換えダイエットに最適なスイーツはコレ!

 

最後に

ダイエットというと、その内容にばかり目がいきがちで、意外と「時間帯」を軽視してしまう人が多いですが、ここを見直すだけでも得られる効果が大きく違ってきます。

時間帯は、カラダのリズムと密接につながっている重要な役割を果たしますので、ぜひ意識してダイエットに取り組むようにしましょう。